第17回 日本Awake Surgery学会

menu

会長挨拶

 

 

 

 

 

第17回日本Awake Surgery学会
会長 荒川芳輝 

(京都大学 脳神経外科)

第17回日本Awake Surgery学会を2019年10月12日(土)、大阪国際会議場(グランキューブ大阪)において開催させていただきます。日本Awake Surgery学会は、覚醒下手術における手術手技、麻酔管理、脳機能検査法を中心に技術開発とその標準化を目的としています。2003年に嘉山孝正先生が第1回日本 Awake Surgery 研究会を開催されて以降、脳神経外科、麻酔科、脳機能に関わる様々な専門家が加わり、この分野が大きく発展してきました。現在では、覚醒下手術は、脳神経外科手術の必須の手技であり、ニューロサイエンスの特別な手法でもあります。

第17回の主題は「覚醒」としました。覚醒下手術は、手術中に覚醒下とすることで覚醒状態の脳機能を評価し、手術操作による脳機能障害を回避します。しかし、麻酔後の覚醒度は個人差が大きく、脳機能評価の精度に大きく影響しています。本会では、覚醒度の評価法、覚醒度と各種脳機能評価や手術成績について議論をしたいと思います。

覚醒と対をなすのが睡眠です。麻酔は睡眠とは異なる極度の脳鎮静状態です。覚醒・睡眠は、多くの動物で普遍的な現象ですが、その制御メカニズムは謎です。また、麻酔の作用メカニズムについてもまだまだ未知の領域が多いです。そこで、覚醒、睡眠、麻酔メカニズムの研究についての最新知見を学ぶ企画をしています。

本会は、脳機能のエキスパート、脳機能に興味をもつ若手の医師や研究者が集って、皆さんのニューロサイエンスを一歩進める機会となるように計画しております。是非、皆様のご参会、ご協力を宜しくお願い申し上げます。